アゲハ不動産@アゲハライフ

不動産並びにインテリアに関する情報を提供します。宅建士の勉強

about プライバシーポリシー

スマートパーキングとは?駐車場シェアリングで儲けよう!土地活用・不動産投資

 

駐車場シェアリングが大ブーム!

駐車場シェア、異業種から続々参入 用地確保に苦戦で撤退例も

都市部を中心に駐車場不足が深刻化するなか、需要の拡大が期待される駐車場シェアリングサービスには異業種の参入が相次いでいる。


NTTドコモが開発した入出庫を検知するセンサー。大阪市内50カ所の駐車場に設置された=大阪市中央区淡路町(林佳代子撮影)
 ソフトバンクは7月に事業参入を発表。ビジネスモデルはNTTドコモとほぼ同じで、駐車場を運営する事業者向けにIoTを活用した入出庫を管理するシステムを貸し出し、利用者に料金の予約や決済ができる専用アプリを提供する。

 平成26年に駐車場を貸したい人と利用者をネットで仲介するサービスを始めたのが「akippa(アキッパ)」(大阪市)だ。現在の会員数は約90万人、累計登録駐車場数は約2万3千カ所に上る。同様のサービスは「軒先」(東京都)も提供している。


 一方、今年5~6月には楽天とリクルートホールディングスが事業から相次いで撤退した。

 業界関係者によると、事業の採算性を保つためには駐車ニーズの高い土地に多くの駐車スペースを確保する必要があるが、事業に有利な用地は先行業者が抑えており、後発業者ほど用地の確保に苦労する傾向があるという。(林佳代子)

駐車場シェア、異業種から続々参入 用地確保に苦戦で撤退例も - ITmedia NEWS
 

スマートパーキングとは?

スマートパーキングは、初期費用・月額使用料0で、 自宅の空き駐車場をコインパーキングとして運営することができる仕組みです。

始め方は簡単、オーナー登録後に送られてくるカラーコーンを自宅の空き駐車場に置くだけで、 すぐにスタートできます。

 

登録するとすぐに事務局からご連絡がきます。料金設定や振込のことなど、分からないことはここで聞きましょう。

 

f:id:createday:20181109140551p:image

 

こちらのカラーコーンを置くだけなので、駐車場を傷つけることもありませんし、 スマホで決済できるので、利用者が自宅にやってくることも顔を合わせることもありません。

つまり、トラブルになりにくいということですね。これは本当に楽です。

せどりや転売をすると顧客対応が本当に大変ですからね…

 

カラーコーンを置いたあと、あとは振込を待つだけです。

 

うちは繁華街じゃないから難しい?

そんな事はありません。 初期費用が高く、たくさんの利用台数が必要なコインパーキングと違い、 たった一台利用客がつけばいいだけなので、あなたが思っている以上に売上が上がることもザラにあります。

 

実際に、自宅が住宅街でも月に数千円~1万円程度のお小遣いを稼いでいらっしゃるオーナー様が増えています。

 

いつでも開始でき、いつでも中止できるので、旦那さんが会社に行っている時間だけ貸し出すことも可能ですし、 子どもたちが帰省する間だけ、中止することも可能です。

 

もちろん、一般家庭だけでなく、月極駐車場オーナー様が、 契約の決まっていない車室の契約が決まるまでの間だけスマートパーキングにすることも、 マンションの管理組合やオーナー様が契約駐車場での不正駐車対策にも利用いただけます。

 

あなたのご自宅の駐車場を、一台スマートパーキングにしたとしても大儲けはできません。

しかし、売上で、ほんの少しうるおいのある生活を楽しめたら、いつもより少しだけ高い食品を買ったり、 高級な食事をしたりでたら、それは良いことだと思いませんか?

 

そんなささやかな贅沢を、置いておくだけで楽しめるのがスマートパーキングです。

 

www.youtube.com

 

スマートパーキングの特徴

 価格も期間も、自由に設定できる

空きスペースに指定の「カラーコーン(無料)」を置くだけで、気軽に駐車場が運営できます。 

好きなときだけ貸せる

自分たちが利用する際は、土地がアプリに表示されないようにしておくことができるので、空いているときだけ有効活用できます。 駐車料金もオーナー様が自由に設定できるので、柔軟な運営が可能です。


車1台分のスペースからでも貸せる

車種制限もかけられるので、軽四でもコンパクトカーでも、1台でも停められるのであれば、どんな土地でもすぐに駐車場として提供できます。※無人の機械式駐車場のみ、サービスご導入ができません。
例えばこんな貸し方もできる
  • 自宅の駐車場を、旅行の間だけや、午前中などの時間帯限定で貸し出す
  • 月極駐車場やマンションの駐車場の空きスペースだけ貸し出す
  • 会社の駐車場を、休日だけ貸し出す
  • 普段は駐車場として貸して、来客があるときだけ貸し出しをやめる
  • 近所でお祭りがあるときだけ、庭の一部を駐車場として貸し出す

機械設備も、アスファルト舗装も不要

駐車場の検索、支払いなどすべてをスマホで行なうので、コインパーキングのような看板も精算機も、フラップも輪止めもバーも一切不要です。

スマートパーキングの利用手順▼

 

一般的コストとの比較

  アスファルト舗装 その他の初期投資費 管理費(月額)
スマートパーキング 不要 0円 0円
コインパーキング(5台) 約70万円 約270万円 約2万円
コインパーキング(10台) 約120万円 約370万円 約2万円

その他の初期投資費用:駐車場機器/看板機材/設置工事 など
管理費:コールセンター/一次警備対応/集金、清掃/定期メンテナンス など

 

 

駐車場開設までの手順
オーナー様が約款に同意してオーナー登録する
駐車場登録・料金設定
カラーコーン(無料)到着
カラーコーン設置・写真送付
アプリに掲載

検索から出庫まで、アプリで完結

 

①駐車場を検索

お好みの駐車場が見つかったらその場所へ出発!

②駐車

駐車場に停めたらスマートフォンをビーコーンに近づけてください

③入庫完了

入庫ボタンを押して課金が始まったらOK!行ってらっしゃい

 

④出庫

駐車場に戻ってきたらスマートフォンをビーコーンに近づけてください

⑤出庫完了

出庫ボタンを押してクレジット決済でお支払いください

 

設置例

 
 

事例

事例1 マンション月極駐車場

住所:東京都千代田区神田錦町

料金:60分300円
24時間最大2500円

売上金額

65,000円/月

オーナーのコメント

マンション月極駐車場の空きスペースを貸出。周辺コインパーキングよりも価格が安い為リピーターが増え、毎日特定少数の方が利用しています。

事例2 個人宅駐車場

住所:愛知県名古屋市中川区

料金:60分100円
24時間最大500円

売上金額

16,500円/月

オーナーのコメント

ご自宅駐車場の2車室の内1車室を貸出。近隣に集合住宅があり、近隣住民の方にも多く利用されており大変喜ばれております。

事例3 空き地スペース駐車場

住所:愛知県名古屋市中村区

料金:40分100円
24時間最大900円

売上金額

81,000円/月(3車室)

オーナーのコメント

次の建築までの有効活用として3車室オープン不正駐車が多いエリアでしたが駐車場をオープンすることで周辺の不正駐車は減少し、安定した収益が得られています。

サポートもお任せ

利用者様のトラブル対応は全てスマートパーキング事務局が担当。アプリにお問合せフォームも設けており、何かあったときには直接スマートパーキング事務局へ連絡が行くようになっています。

不正駐車の防止もお任せ

スマートパーキングは、駐車場アプリで唯一、利用者同士で不正駐車を監視する仕組みを持っています。不正駐車を報告することでポイントがもらえるので、積極的な報告が期待できます。

  • 駐車場開設までの手順

    1. オーナー様が約款に同意して登録する
    2. 駐車場登録・料金設定
    3. カラーコーン(無料)到着
    4. カラーコーン設置・写真送付
    5. アプリに掲載

     

スマートパーキング

   Q&A

 

Q.不正に駐車されたら?

A.・ユーザーに写真を送って頂く
・オーナーさんにお知らせして警察に通報or陸運局へナンバーを報告して身元確認など

 

Q.サポートは?

A.電話:9時~18時
メール:24時間

 

Q.駐車場オーナーの契約の際に、月の利用数が○日以上など最低利用は必要となるのか?

A.現状、最低利用ラインは定めておりません。

 

Q.カラーコーンについて、駐車する人が、どかして都度駐車するのか?

A.オーナー様にカラーコーンの設置場所を決めて頂いております。
例えば、もし、オーナー様が不正駐車は多少許容して 利用者さんの利便性を上げ売上をもっと上げたいという ことであれば、最初から車止めの後ろにカラーコーンを置いて頂くことも可能です。

 

Q.○時~○時までという時間制限で貸せるのか?

A.はい。可能です。

株式会社シードについて

株式会社シード

名古屋を拠点とするシェアリングを始めとする駐車場を便利にする事業を展開中の会社です。

スマートパーキング意外にも様々なサービスを展開中。

パーキング業界の“サラブレッド”の挑戦

シード代表取締役の吉川幸孝氏。自身もクルマ好きだそうで愛車はプジョーだという
 吉川氏は、名古屋でコインパーキング事業を立ち上げた父親を持ち、幼い頃から駐車場と接する機会の多かった、いわば“パーキング業界のサラブレッド”だ。2012年に創業してから5年、父親とは違う形でさまざまなパーキング事業を展開し「いつかは父親を超えたい」と意気込む。

 スタートアップは東京に集中しているが、近年は福岡や大阪でも起業が増えつつある。しかし、名古屋発のスタートアップというのはあまり耳にしない。吉川氏は、「愛知県は製造業が多く、地場産業がしっかりしているため、他の主要都市に比べてスタートアップが少ない」と説明。スマートパーキングによって、生まれ育った街を盛り上げたいと語る。

 同社はもともと、スマートパーキングとは別のサービスとして、駐車場検索アプリ「コインパーキング検索」を運営してきたが、2月9日にこれを刷新。新アプリ「パーキングライブラリ」(iOS/Android)として公開し、新たにスマートパーキングとの連携も開始した。

「パーキングライブラリ」の利用イメージ


※クリックすると拡大画像が見られます
 パーキングライブラリでは、全国の5万件以上の駐車場を検索できるほか、AIが目的地周辺の駐車場の中から、距離や料金を勘案して、最適な駐車場を1~10位までランキングづけして提案してくれる。ユーザーは、目的地と駐車したい時間を入力するだけで、最も近くて安い駐車場を把握できるようになる。

 さらに、表示された一部の駐車場は、スマートパーキングと連携してスマートフォンでの入出庫処理や清算が可能になった。パーキングライブラリの地図上に表示された駐車場アイコンをタップし、料金や駐車可能な車体のサイズ、駐車場の写真などを確認したうえで、「入庫する」を選ぶことで駐車できるようになる。地図上に「空」「満」マークが表示されるため空車かどうかがひと目でわかるという。

 今回のアップデートを機に、提携する駐車場数を一気に拡大させたいと吉川氏は語る。2月時点での駐車場数は約600カ所で、約9000カ所を確保するakippaには大きく差をつけられている。また、2016年6月にはNTTドコモが「docomoスマートパーキングシステム」を発表するなど、大手事業者による参入も始まった。いかに消費者にスマートパーキングならではの利便性を伝えつつ、駐車場数を増やせるかが勝負の分かれ目になりそうだ。

コインパーキングダム

f:id:createday:20181109082615j:image

月極ドットコム

f:id:createday:20181109082619j:image

愛知県在住の方は不動産情報等をまとめていたりもしますので、ご相談されてみるといいと思います。

akippaとの違いは?

 駐車場シェアリングサービスと聞くと、「akippa」を思い浮かべる人が多いかもしれないが、トヨタ自動車が本社をおく愛知県でも、駐車場シェアリンクサービスが提供されている。シードが運営する「スマートパーキング」だ。2012年に創業し、全国約600カ所の駐車場にクルマを停められるという。


「Smart Parking」
 スマートパーキングは、空きスペースをもつオーナーと、駐車場を使いたいユーザーを、リアルタイムの駐車状況管理によってマッチングするアプリ。ユーザーは検索で好みの駐車場を見つけてクルマを駐車。その場に置かれているカラーコーン(ビーコン)とスマートフォンを認証することで課金が発生する。料金は、通常のコインパーキングと比較して1~2割程度安いという。事前登録したクレジットカードやPaypalで決済するため現金は不要だ。

 前述したakippaは、事前に駐車場の予約と決済を済ませることで、音楽ライブの会場など一時的に混雑するエリア周辺でも、安心して駐車場を確保できることを強みとしている。一方のスマートパーキングは、駐車場を予約して、利用した時間分だけを後払いにすることで、一般的なコインパーキングに近い感覚で利用できると、シード代表取締役の吉川幸孝氏は語る。「akippaは“新しい市場”を作ろうとしているが、私たちは“既存のコインパーキング市場”を変えようとしている」(吉川氏)。

 

 

駐車場ビジネスは美味い?

駐車場ビジネスは美味しいです。

なぜなら建物を建てなくても良いからです。

これは建築費もかからず、維持費もかからないので非常にローリスクで始められるビジネスだからです。

不動産はよくミドルリスク・ミドルリターンと言われますが、本当はハイリスク・ミドルリターンのビジネスなのです。

そんな不動産ビジネスの中でも駐車場は本当のミドルリスク・ミドルリターンであり、素人でも儲かることが可能です。

あの女優の壇蜜さんも駐車場ビジネスにはハマっていました。

実際私も駐車場ビジネスは儲かると感じています。

今後より車がシェアリングされていく中で、駐車場を確保していくことがより求められるようになってきます。

つまり、駐車場の需要が大きくなるのです。

経済原理によって供給よりも需要の方が高まれば受け取る金銭の額を大きくなると言うことです。

これを使わない手はありません。

駐車場シェアリングに挑戦してみてはどうでしょうか?

少しでも土地があれば可能なビジネスなのでお小遣いが欲しいと言う人にはもってこいの副業だと思います。