アゲハ不動産@アゲハライフ

不動産並びにインテリアに関する情報を提供します。宅建士の勉強

about プライバシーポリシー

【床】賃貸の原状回復義務について敷金トラブル!大家さんとの戦いです

 

賃貸中のアパートの原状回復義務

床の傷

床の傷

添付した写真において(2段ベッドを動かしたときに作った引っ搔き傷)

1. 原状回復義務があるか
2. もし補修等の措置を何もしなかった場合、いくらくらいの金額を請求されるか


基本情報としては、
間取り:3LDK 77m2
家賃:20万円/月+管理費3万円/月
預けている敷金:3ヶ月分(20万円*3ヶ月)
住んでいる年数:2年2ヶ月です

もし床の張り替えとなると、面積もそれなりにありますし、多額の請求になりそうで怖い
 

この場合の現状回復義務は?

普通に生活していても、傷はつくものです。張替え費用を負担する義務はないでしょう。

この程度の傷なら通常張り替えはしません。
補習材を使って直す程度です。

 

フローリングの張替えとなると、5~10万くらいかかりますが、パーツ取替えできるようなフローリングなら安くなることもあります。

 心配な場合はクレヨンやパテで目立たなくすればいいでしょう。

 

まずは修繕用のクレヨンやパテで誤魔化す方法を試してみてください。
どこまで綺麗にできるかわかりませんが、請求される金額が大きくなりそうな場合はやる価値があります。

 

100均やホームセンターで補修材や傷補修パテを売っていますので、これらを買ってきて、絵具で色合わせをしてやればOK。
 
請求される金額は大きいでしょうが、領収書の開示などを求めていけば減額されるでしょう。
 
自分なりの改修をしても良いでしょうし、妥当な金額で敷金から補修されるならそちらを選択されても、床は部分的に交換できる場合が多いため、莫大な請求にはならないと考えられます。
 


床に傷をつけない対策として足の下に、何か敷いておくと良いでしょう。

フェルトシートなどを張っておくと安心ですね。

現状回復義務に関するガイドライン

こちらのサイトを見つけましたのでお伝えしますね。
原状回復の取扱いについては、国土交通省がガイドラインを作成公表されているそうです。
ご質問内容から考えますと、下記サイトの
:具体的な負担区分
・借主さんの負担
引越作業で生じたひっかきキズ
に近いかなと思います。


http://www.zentaku.or.jp/public/hitorigurashi/sub/sub10.html
退去時のトラブルを防ごう!
床や壁に入居時にはなかったキズや汚れが退去時にある場合、それをどこまで借主の費用負担において、もとの状態に戻さなければならないのでしょう。

国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/honbun.pdf

http://www.linesman.jp/blog/2014/0310304.html
こちらでは写真付きでフローリングのキズのケースを紹介されています。
傷の深さ壊れ具合によって補修か交換を決めるのだそうです。
修理の仕方によってかかる費用も変わってくると思います。


引っ越しに関しまして、こちらも見つけました。
http://hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/qa/09.html
・掃除で変わる!?敷金の返金額!?
・新居と旧居、掃除のコツ
 
 
 
 
 

かくれん棒 プロ フローリング補修セット スーパーハードタイ AH-31

 

かくれん棒 プロ フローリング補修セット スーパーハードタイ AH-31

かくれん棒 プロ フローリング補修セット スーパーハードタイ AH-31

 

 


法的には請求できなくても

 
法的には回復義務はないかもしれませんが、請求される可能性は高いと思います。
いわゆるボロアパートなら笑って許してもらえる範囲ですが、家賃、特に管理費の高さを見ても、傷や汚れは突っ込まれるのではないでしょうか。

 

賃貸中のアパートの原状回復義務について質問です。 添付した写… - 人力検索はてな