アゲハ不動産@アゲハライフ

不動産並びにインテリアに関する情報を提供します。宅建士の勉強

about プライバシーポリシー

無料で防犯カメラを設置する方法、裏ワザ不動産管理の基本

空き巣や盗難、不法侵入や車上荒らしなど、万が一に備えるための防犯機器として最初に思い浮かべるのが防犯カメラ、監視カメラではないでしょうか?

確かに、防犯カメラや監視カメラの防犯効果は高いとわかってはいるものの、実際に起きるかどうかも分らないものにそこまで大きな費用をかけて対策を打つことには誰でも二の足を踏んでしまいがちですよね。

そこで今回は防犯カメラの導入費用(初期費用)と運用費用(ランニングコスト)について少し説明してみたいと思います。

不動産管理の基本!

商店、工場、ビル、マンション、施設などの運営をしている人であれば、確実に必要となるのが管理です。

これは避けては通れません。

また、特にアパート、マンションの不動産管理をする上で住民とのトラブルは避けては通れません。

器物破損は勿論、部外者からの放火や空き巣などを防ぐために監視カメラは絶対に必要です。

しかし、問題があります。

それは監視カメラが高いということです。

とにかく高いんですよね…

一台約5万円が相場です。

これをいくつも設置するとなると30万円は普通に消えます。

監視カメラ自体は当然ですが、利益を産みません。リスクや損失を抑えるためのものですから、できれば安く済ませたいところが本音です。

監視カメラは高い導入費用の相場

防犯カメラや監視カメラがネットショップで手軽に購入できる時代になっていますが、防犯カメラやネットワークカメラの導入費用を考えるときには、機器代金のほかに設置工事費(専門の業者に依頼を行う場合)が発生することを忘れてはいけません。

 

日本国内の防犯機器設置業者はスーパーやコンビニのように全国規模のフランチャイズ店舗に独占されているわけではなく、独立系の飲食店のように地域の電気工事業者や建築業者が非常に多いのが特徴です。

インターネットで「防犯カメラ・レコーダーセット」のような格安の製品を見つけても、実際に販売している業者が直接工事を行うことは難しく、結局のところ、地元の電気工事業者や防犯機器の販売会社やビルのメンテナンス会社などに設置工事を依頼することがほとんどです。もちろん、ネットで防犯機器を販売している会社は地元の業者を紹介してくれるはずですが、その業者の対応の良し悪しは運任せになる場合が多いのが現状です。導入する防犯カメラの性能や要件が決まっている場合はネットで購入して業者に設置だけ依頼する方式でも良いかも知れませんが、そうではない方はまず地元の業者にアドバイスをしてもらう方が安全です。

カメラの種類

ネットで販売している防犯カメラはSDカードに録画する機能を備えたカメラなどで1万円程度から販売されています。

こういった商品の中には適切な知識を持った方が取り付けや初期設定を行うことができれば、防犯・監視を安価に行うことも可能になります。

これはメリットであると同時にデメリットでもあるといえます。本体内に録画するカメラであれば、本体を破壊されるとデータが消失してしまう可能性がありますので、確実に証拠を押さえたいという目的であれば不向きです。

アナログハイビジョン(用語集)などと呼ばれるアナログ通信用の同軸ケーブルを用いて高画質な映像を伝送する仕組みであれば、自宅の周りを監視する用途の場合にはカメラ3~4台程度とレコーダー、配線のためのケーブルを入れても機器代金は10万円程度に抑えられるはずです。

 

とはいえ、設置場所や利世時間帯、温度や湿度、日照時間、電源の確保や解像度、レコーダーの保存容量などなど、機器のスペックを決めるにはある程度の知識が必要になるため、無料で見積もりを行ってくれる業者にお願いするのが近道でしょう。

初期費用を抑えるには、レンタルプランやリース契約などの方法もありますが、利用期間によっては割高になってしまうことも考えられるため、注意が必要です。

 

設置工事費も業者や機器の構成によって様々ですが、1台あたり3~10万円が相場といわれています。

実際に見積をしてもらわなければ正確な金額が算出できないのですが、これは配線作業(壁への穴あけやビス止め、漏電防止など)によって工賃が変わってくるからです。

アナログカメラやアナログハイビジョンカメラの場合には、ケーブルの性質上、長距離の配線も容易なため、金額が比較的安いのですが、LANケーブルを用いたネットワークカメラの配線を行う場合にはケーブルを直角に曲げられなかったり、複数のカメラを蛸足配線のように分配するネットワークハブなどの配線機器が高価だったりするため、設置費用も高くなってしまいます。

 

無料で設置する方法がある!

実は、監視、防犯カメラを無料で設置できるサービスが存在します。

また、保守サービスが付いているため、トラブル時の対応もしてくれます。


なぜ無料なのか?
防犯カメラの設置と同時に自動販売機を設置させていただくと月額料金が無料となります。
(毎月の電気代のみお客様負担)

つまり、自動販売機設置分の土地代ならびにその収益分で防犯カメラの設置とアフターサービスの料金を相殺しているわけです。

注意事項としては、電源が無い場合は別途電気工事費用がかかることです。
また、飲料メーカーの都合で自動販売機を設置できない場合がございます。
↓申し込みはこちらから↓

 

防犯カメラの導入においては、ついつい初期費用だけを意識しがちですが、長期間の設置を行うば場合や故障に備える場合を考えるとランニングコストも重要です。保守やメンテナンスの費用がこれにあたります(リースやレンタルの場合を除く)。

ランニングコストについての基本的な考え方は、設置業者などのスタッフが実際に対応する費用を考えてば良いでしょう。簡単に説明すると、高機能な国内製の防犯カメラの場合には故障率が低く、平均故障期間(用語集)は50,000時間(24時間稼動でも5年)以上と言われています。

つまり業者側からすると5年間の無償修理契約を結んでも故障がほとんど発生しなければスタッフの派遣などの費用も発生しないわけですから、メンテナンス費用も安くなるはずです。

平均的には3~4台のカメラとレコーダーを設置する場合の保守契約は安い業者では月額2,000円程度、高い業者だと半年~1年に一回の定期検診も含めて1万円ぐらいといったところでしょうか。いずれにしても機器が故障した場合にはメーカー保証(通常1年~2年程度)が切れていた場合には無償で交換してくれる業者はほとんど無いはずです(設置工事の不備による漏電などを除く)。