NERV@774Netz

医療情報提供サイトです

無痛分娩で子供に悪影響なんて一切ありません無痛分娩を推進して子供を増やそう

無痛分娩批判はただの嫉妬

痛い思いをしないで産むことは悪いことはなく、むしろ良い事しかありません。

批判している人たちの理屈は全て感情論でしかありませんが、その気持ちも分からなくはないのです。

出産の痛みは計り知れません。それを経験せずに可愛い我が子を手に入れるなど許せない気持ちもわかりますが、時代が違います。

今は昔と違って良い時代になったのです。自分の子供や孫が痛い思いをすることが無くなると考えれば嬉しい事だというのはわかると思います。

あくまで他人だからずるいと思うだけで、自分の子孫も恩恵を受けるのだから、アホなこと言わずに、結婚しなくても良い子の時代に結婚して子育てをしている女性を応援しなくてはならないのです。

無痛分娩のデメリットは存在しない

子供への影響も、母体の影響に関しても全くデメリットはありません。

多少お金がかかることぐらいです。

正直、死ぬほど痛い思いをするぐらいなら普通に金払って無痛分娩の方がいいと思います。

無痛で子供を授かることができるのであれば、さらに子供を作ろうと考える人も出てくるはずです。

超少子高齢化の日本の現状を知っていれば無痛分娩を批判するなんて考えは出てこないはずです。

批判するとしたら有痛分娩で辛い思いをした人か子供を授からない人だけでしょう。